乳がん検診 / 乳腺専門クリニック

〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-15-1曽根ビル6階

03-3709-7717
二子玉川駅徒歩3分 玉川高島屋となり
HOME当院のご案内医師のご紹介診療案内交通案内

世田谷区 二子玉川 田園都市線 乳がん検診 溝の口 マンモグラフィ 甲状腺【二子玉川ブレストクリニック】

乳がん術後フォローアップ

インターネット予約

お問い合わせ

はまぐち皮フ科

ドクターズファイルに当院の院長が紹介されました。


 

<認定番号 JM03081-140121 マークをクリックすれば、認証情報が確認できます。

このサイトは、日本インターネット医療協議会(JIMA)からトラストマーク(レギュラー)付与の認定を受けています。

HOME»  乳がん術後フォローアップ

乳がんのフォローアップについて

乳がんのフォローアップ

乳がんと診断されると、それぞれの患者さんのがんの性格に合わせて手術、放射線治療、薬物療法(抗がん剤による化学療法、ホルモン療法、分子標的薬など)を最適に組み合わせた治療が行われます。
最近では手術のための入院期間は短縮され、手術の方法にもよりますが1週間前後で退院できることがほとんどです。放射線治療は術後に病理の結果を確認してから5-6週間かけて外来通院で行います。薬物療法は術前に行う場合もありますが、再発予防のために行う術後薬物療法は、化学療法であれば3~6ヶ月ほど、ホルモン療法であれば5~10年かけて行っていきます。
このように乳がんはとても長期間の治療が必要な病気であり、また10年以上経過してから再発するケースも少なくなく、新たな乳がんの発生にも注意が必要であり、長期間のフォローアップが必要な病気です。

当クリニックでは、多くのがん専門病院や拠点病院などと連携して、乳がん術後の患者さんの経過観察を行っています。長いお付き合いの病気ですから、高血圧や糖尿病のように普段はいつも通りの生活を送りながら、気軽にかかりつけ医に診察を受けられるのが理想と考えています。患者さんの疑問や不安が解消されるように患者さんと向き合い、乳房の検査はその場ですぐに結果を説明します。また、必要な場合には近隣の病院やクリニックと協力して、CTやMRIなどの検査も行い、がん専門病院と同様のクオリティの高い術後フォローアップを可能にしています。

主な連携先病院

  • がん研有明病院
  • 国立がん研究センター中央病院
  • 聖路加国際病院
  • 東京大学医学部附属病院
  • 都立駒込病院
  • 昭和大学病院
  • 虎の門病院
  • 関東中央病院
  • 東京医療センター
  • 東京共済病院
  • 東邦大学医療センター大橋病院
  • 聖マリアンナ医科大学病院

Tokyo Breast Consortiumについて

Tokyo Breast Consortium(TBC)は、乳がんの診断・治療をおこなう乳腺専門医のいるクリニックと、センター病院の安心な連携を目指す研究会です。
当クリニックも開院当初より参加し、乳がん診療における患者さん中心の、お互いの顔の見える理想的な医療連携システムの構築を目指しています。

●TBCのwebページはこちら

このページトップへ